ニュース

2019.05.02(木) 日本バレエ協会 バレエクレアシオン オーディション開催の知らせ

日本バレエ協会主催の若手振付家の育成を目的に開催される2019年度文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」Balletクレアシオン(11月9日(土)
/メルパルクホール)にて平山素子が新作を創ります。この作品に出演希望の方は合同オーデイションがあります。
皆様の応募をお待ちしています。

■オーデイション
開催日:2019年6月16日(日) 午後2時開始(1時間前より入場可能)
場 所:芸能花伝舎 C-1スタジオ
バレエクレアシオンでの振付家3名(宝満直也、遠藤康行、平山素子)に出演希望の方の合同オーディションとなります。

審査内容:クラシック・レッスン、及び各振付家によるコンビネーション
※ポアントで踊る作品以外を出演希望の方は、ポアントは必須ではありません
参加資格:平日の稽古にも確実に参加できる方
申込方法:オーディション参加申込書を日本バレエ協会本部事務局宛にお送り下さい。
申込締切:6月14日(金)午前10時
本番日:11月9日(土)
会 場:メルパルクホール

詳細は日本バレエ協会HPをご覧ください。
http://www.j-b-a.or.jp/stages/creation-audition2016/

2019.05.02(木) 古川美術館分館爲三郎記念館にて一夜限りのパフォーマンス『余春のうつせみ』開催(5/19)

分館爲三郎記念館特別展として開催されている高北幸矢「落花 未終景」での椿のオブジェを使ったインスタレーションと特設された檜舞台にて平山素子のダンスが共演します。

公 演 名:余春のうつせみ
日  時:5月19日(日)18:30~(入場は17:30~)
出  演:平山素子(舞踊家)
舞台演出:高北幸矢(デザイナー・現代美術家)

※鑑賞ご希望の方は、古川美館にお問い合わせください。
名古屋市千種区池下町2丁目50番 TEL 052-763-199

■コンセプト
“老いることは美しい”と飾ることはできない。“老いることは醜い”と悲しむこともできない。“老いることは、人生を豊かにする”と容易には言えない。しかし老いの先にある終わりを認識したからこそみえる未来を見てみたい。“美しく老い、豊かに終えてゆく”最後の美しさを実現するために。(作家の言葉より)
本展では、丹念に彫り続けられた椿で高北の胸中にある二面性を表現する。光と影、陰と陽、美と醜、生と死。それらは互いに照らし合い、補いながら終焉の美しさへと昇華していく。最後の美しさを求めて進化する高北幸矢の椿が爲三郎記念館で開花し、一夜限り『余春のうつせみ』として平山素子のダンスがはかなくも力強い肉体と生命を幽玄に浮き上がらせる。

詳細→
http://www.furukawa-museum.or.jp/eventlists?time_seq=0
http://www.furukawa-museum.or.jp/show_exhibit?time_seq=1

2019.04.16(火) ダンスハウス黄金4422にて2日間限定スペシャルワークショップを開催

名古屋の黄金4422bld.にてダンスワークショップを担当します。
2019年4月
29日(月)
30日(火)
13:00-15:00(ベーシック)
15:30-17:30(ムーヴメントリサーチ)
ぜひお越しください。

●ベーシック
コンテンポラリーにまだ馴染みがなく、なんとなく苦手、きっかけがないという経験が浅く基礎からゆっくりと学びたい方向けです。重力や遠心力を利用しながら、形にとらわれず体の内側の自然な連動性から動きを生み出すことによりゆっくりと身体を目覚めさせてきます。
また、フロアーワークも取り入れながら、多様な動きのアイデアに対応できるナチュラルな身体を目指します。

●ムーヴメント・リサーチ
ウオームアップは短めに、実践的に動きを探ります。講師から出されるいくつかのヒントを各自が動きへと変換していくプロセスを短い時間で行います。身体をすみずみまで使うことの面白さに目覚め、動きに対する解釈や感受性を高めながら、型だけでは得ることが出来ない新鮮な感覚を自身の身体で探り出します。
あなたの中に潜んでいる創造性の芽を拓かせる機会となるでしょう。

定員:各回15名
料金:1クラス受講3,000円(税込)1クラス2時間
持ち物:靴下
会場:Dance House 黄金4422
(〒453-0803 愛知県 名古屋市中村区長戸井町4-38)
申し込み・お問合せ:
メール(kogane4422@gmail.com)に以下の事項をご記入のうえ、お申し込みください。
①参加希望の日にちと時間
②氏名
③電話番号
④メールアドレス
主催:Dance House 黄金4422

詳細:https://www.facebook.com/events/389852331598291/

2019.03.25(月) セッションハウス「神楽坂ダンス学校」にてクラス担当

セッションハウス「神楽坂ダンス学校」にてく明日を担当します。
内容はシェイクスピアを踊る。
最新作「POISON」よりマクベス夫人のソロを取り上げ、テクストなどを活用して分析、解釈をしながら身体感覚を振付に落としこみ、実演するプロセスを体験できます。

神楽坂ダンス学校
平山素子担当:シェイクスピアを踊る
2019年5月3日~6日(4日間)
16:00-17:50
料金(税込み):1回 3,240円
通し券
2回 5,500円(追加1回ごとに2,750円)
4回 10,000円(追加1回ごとに2,500円)
8回 18,000円(追加1回ごとに2,250円)

セッションハウスダンスクラス会員 一律2,160円
クラスチケット・カード使用不可 会員証をご提示ください。

お申し込み方法
お申込み方法 ①ご希望のクラス②お名前③お電話番号をメールかお電話でお知らせ下さい。各クラス 20 名(平原クラスは18名)定員となります。また、通しでのお申込を優先させていただきます。ご了承下さい。

詳細は以下
http://www.session-house.net/dance_school.html

2019.02.20(水) アーツカウンシル東京の「舞踊分野の振興策に関する有識者ヒアリング」に平山素子のインタビューが掲載されました。

アーツカウンシル東京が今後の舞踊振興に向けた手掛かりを探るため、総勢30名・団体にわたる舞踊分野の多様な関係者や、幅広い社会層の有識者へのヒアリングを実施した、
「DANCE 360-舞踊分野の振興策に関する有識者ヒアリング」に平山素子が
回答したものが掲載されました。

アーツカウンシル東京サイト
https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/blog/33342/

RECENT POSTS